ゴッホの主要作品15選(解説付き)

ゴッホの主要作品15選(解説付き)
Patrick Gray

フィンセント・ファン・ゴッホ(1853-1890)は、生涯でたった1枚の絵しか売れなかったにもかかわらず、ポスト印象派の天才と言われた。

西洋造形芸術の最も重要な創造者の一人とされる彼の絵画は、絵画の古典となり、集団の想像力の一部となっています。 これらの傑作について、オランダ人画家の伝記について詳しく知ることができます。

星降る夜 (1889)

オランダの画家の最も有名な絵は、ゴッホが1889年にサン・レミー・ド・プロヴァンスの精神病院に入院していた時に描かれました。

ヴィンセントは、弟のテオに頼んで、精神病の発作を起こし、入院させられていた。 どのような健康問題があったのかは正確には確認されていないが、双極性障害と深いうつ病が疑われている。

上のキャンバスは、ゴッホが寝ていた部屋の窓から見た日の出を描いたもので、空の渦巻きなど、独特の要素があり、ゴッホの世界観が表現されています。 しんし 混沌とした空とは裏腹に、絵の中に現れる村は、外の混乱に気づかない平和な空気を持っています。

フィンセント・ファン・ゴッホの絵画『星降る夜』について詳しく解説します。

ひまわり (1889)

オランダの画家の代表作のひとつで、ひまわりの花瓶を描いたこのキャンバスには、10種類のバージョンがあります。

オランダ人の絵は、混乱と混沌を表現しています。 捩じれたひまわりで得られる不穏な美しさ .

このキャンバスは、フィンセントの住むアルルを訪れた友人ポール・ゴーギャン(1848-1903)に宛てた挨拶文であり、画像を見たゴーギャンは「モネのビクトリア・リアよりも彼のひまわりの方が美しい」とオランダ人の同僚を褒め称えました。

この絵では、サインは画面の隅に配置され、私たちが通常目にするようなものではありません。 ひまわり 弟のテオに宛てた手紙には、ゴッホの発音が難しいのでVincentと表記したことが記されています。

ポテトを食べる人 (1885)

スクリーン ポテトを食べる人 この時計がある部屋の同じ壁には、宗教的なイメージも描かれており、この一家を知る手がかりとなる。

このテーブルには、土地で働く男女が描かれており、彼らの手(骨太)と顔(疲れた顔、努力の跡)がキャンバスの主役となっている。 ゴッホは、彼らをありのままに描くことを意図して、次のような作品を制作した。 こくないきろく .

テーブルの中央にあるのはポテト(夕食)であり、このキャンバスの名前にもなっている。 絵全体はアースカラーで描かれ、イメージは明暗を対比させている(手前の光がダイニングテーブルを照らし、背景は暗いままであることに注目してほしい)。

この作品は、ゴッホがまだ両親と暮らしていた頃に描かれた最初の傑作と言われており、オランダを代表する画家レンブラントの作品からインスピレーションを受けて制作されたとも言われています。

部屋の様子 (1888)

上の絵は、ゴッホがアルルで借りた部屋の記録です。 画像の中には がぼうないよう 木製の家具や壁に掛けられたキャンバスのようなものです。

ゴッホの作品にはコントラストの強い色彩が使われており、そこから彼の日常生活の一端を感じ取ることができる。 フィンセントの一人暮らしが知られている中で、椅子と枕が2つあるのは不思議なことである。

この絵は、弟のテオのために描いたもので、ゴッホが元気であることを知らせるために、テオを慰めるために描いたのではないかと推測されています。

耳を切り落としたセルフポートレート (1889)

右耳の切断は あいきょうしょうせつ 耳を失ったのは、1888年、友人の画家ポール・ゴーギャンと激しい口論になったことがきっかけだった。 ゴーギャンは同年、友人の招きでゴッホの芸術的住居に引っ越してきていた。

ゴッホが友人と口論になった後、自傷行為として右耳の一部を切り落としたのか、それとも口論中にポールからカミソリで殴られたのかは分からない。

事実上わかっているのは、画家は切断された耳を持ち続け、その地域の売春宿でレイチェルという娼婦に見せたということです。 この出会いの後、ヴァンサンは自分の部屋に向かい、血のついたベッドで眠ったことでしょう。

夜のカフェのテラス席 (1888)

ゴッホが画業に専念するために移り住んだアルルのフォーラム広場にあったテラスで、ギー・モーパッサンの小説を読み終えた後、カフェの風景を再現することを決めたと記録されています。

この作品の最大の特徴は、夜景を描いているにもかかわらず、ゴッホが黒い絵の具を一切使わず、暗い色調だけで表現していることです。 兄と交わした手紙の中で、画家はこう述べています:

これは夜の絵で、黒い絵の具を使わず、素晴らしい青、スミレ、緑を描いています。

このキャンバスでは、ゴッホが初めて、印象派以降の星空を描く実験をしたことがわかります。

この絵は画家のサインがない数少ない作品のひとつですが、描かれたスタイルや、この絵に言及したゴッホの手紙などから、その作者であることは間違いないでしょう。

カラスがいる麦畑 (1890)

ゴッホが亡くなる直前(1890年7月29日)に描かれたこのキャンバスは カラスがいる麦畑 は、1890年7月10日に誕生しました。

最近まで、この作品が画家の最後の作品と考えられていましたが、アムステルダムの画家の美術館の研究者が、この作品より後の作品を発見しました、 木の根 が、完成することはなかった。

多くの論客がスクリーンで読む カラスがいる麦畑 o 憂国寂聴 オランダの画家は、生涯にわたって精神障害に悩まされた。

アーモンドの花 (1890)

ゴッホは、ヨハンナと新婚だった弟のテオととても仲がよかった。 そして アーモンドの花 この絵はゴッホが夫婦に贈ったもので、ゆりかごの上に飾る予定でしたが、ヨハンナはこの絵を気に入ってリビングに飾りました。

淡い色彩とパステル調の色彩で描かれたこの作品は、まるでアーモンドの木を下から見ているような不思議なアングルになっています。 花を咲かせた幹は、まさにこれを表現しています。 ルネッサンス感 .

1890年1月31日に生まれた赤ちゃんの名前は、画家の叔父にちなんで「フィンセント」と名付けられた。 この唯一の甥が、1973年にオランダ政府と共同でアムステルダムにファン・ゴッホ美術館を創設した。

ゴッホのパイプ付き椅子 (1888)

ゴッホのパイプ付き椅子 は、ゴッホがアルルに住んでいた画家の邸宅で描かれたもので、肘なし、藁で覆われたシンプルな木製の椅子が、同じくシンプルな床に置かれています。

このキャンバスは、画家が描いた別の絵と対をなすものである。 ゴーギャンの椅子 ゴーギャンは当時重要な画家とされていたため、この2枚目の絵ではより堂々とした椅子が描かれています。 ゴッホの椅子の絵と対になっているのは、この絵です。 ゴーギャンの椅子 が隣り合っていること(片方の椅子を右に、もう片方の椅子を左に回したこと、含む)。

ゴッホが自分の椅子を描いたキャンバスは、黄色系の色調で統一されており が、そのシンプルな性格を表しています。 が、ゴーギャンはよりエレガントな雰囲気に仕上がっています。

彼のサイン(Vincent)は、絵の真ん中(一番下)の変わったスペースにあります。

郵便配達人:ジョセフ・ルーラン (1888)

アルルでは、画家ゴッホの親友の一人に、地元の郵便配達人ジョセフ・ルーランがいた。

ジョセフはこの小さな町の郵便局で働いており、ゴッホは兄テオにキャンバスや手紙を送るためにしばしばこの郵便局を訪れていた。 このような度重なる出会いから友情が生まれ、画家はアルルで暮らす間に友人とその家族を描いた一連のポートレートの中の1枚のキャンバスであった。

郵便配達員、その妻オーギュスティーヌ、夫婦の3人の子供(アルマン、カミーユ、マルセル)の肖像画が20点ほどありました。

テオに送られた手紙の中に、この特定のキャンバスが作られる瞬間を見ることができる:

今は別のモデルで、青い制服にゴールドのディテールを施し、顔に大きな髭を生やした、まるでソクラテスのような郵便配達員を制作しています。

ガシェ博士 (1890)

この68×57cmの作品は現在パリのオルセー美術館にあり、オーヴェールに到着したゴッホを看取った医師ポール・ゴーシェが描かれている。

先生は芸術が好きで、よく作品を買ったり、他の芸術家と交流したりしていました。 2人のつながりは、最初は強烈でした。 しかし、次第に意見が対立し、ヴィンセントは弟に手紙を書きました:

ガシェ先生にはもう頼れないと思います。そもそも、彼は私より病んでいる、いや、少なくとも私と同じくらい病んでいる。だから、もう話すことはありません。盲人が盲人を導くと、二人とも穴に落ちるのではないですか?

このキャンバスは、医師と患者が出会ってから2週間後に制作されたもので、画家は、彼が言うように、「その人」を表現しようとしました。 じだいひょうげん ".

頭を抱えた老人(永遠の門にて) (1890)

この絵は、1882年に画家が描いたドローイングとリトグラフをもとに描かれたものである。 遭難者 というように、手を顔に近づける。

この作品は、ヴィンセントが亡くなる数ヶ月前に完成したもので、画家が葛藤や深刻な精神的苦痛を受けながらも、神への信仰と作品名である「永遠への扉」を持っていたことをさらに示している。

そのテーマで作ったドローイングやリトグラフについて、彼は当時こう語っている:

関連項目: 映画「自由の夢」:あらすじと解釈

今日と昨日は、膝に肘をつき、両手で頭を挟んだ老人の姿を2体描きました(...)パッチワークのコーデュロイのスーツに禿げた頭、老いた労働者はなんと美しい姿なのでしょう。

麦わら帽子をかぶったセルフポートレイト (1887)

油彩・キャンバス 麦わら帽子をかぶったセルフポートレイト は、35×27cmの小さな絵です。

この作品では、作家は黄色い色合いを使って、公衆に向かい合う姿勢の自分を表現しています。 虎視眈々 すぐに南仏に移動して1シーズンを過ごすことになった。

これも画家が描いた27枚の自画像のひとつで、このような制作について、彼はこう語っている:

私は、写真の忠実さではなく、むしろ(...)表現と人格の高揚の手段として、色彩に対する私たちの知識と現在の趣味を高めることによって、100年後に啓示として現れるような肖像画を描きたいと考えています。

ヒノキのある麦畑 (1889)

フィンセント・ファン・ゴッホの好きな題材のひとつに、ヒノキの木の描写があります。 炎天下 これらのねじれた木々が画家の目に留まり、勢いのある絵のようなキャンバスを制作しました。

ひまわりのキャンバスのような檜を、私の見たまま誰も作っていないのが不思議で、私も作ってみたいです。

75.5×91.5cmのキャンバスに描かれたこの油絵は、今日、イギリスのギャラリーに展示されています。

黄色い家 (1888)

上の絵は1888年9月に制作されたもので、画家がパリを離れるときに住んでいた家を描いています。 作者はこの絵を描いた年の5月に黄色い家の一室を借りています。 住んでいた建物はアルルのラマルティーヌ広場の近くのブロックにあります。

この家でゴッホは、各自が自分の部屋を持ちながらも、他の画家たちと一緒に生活し、コロニーのような集団体験をしながら制作を行った。

画家が選んだ街は、パリから電車で16時間の距離にある。 キャンバスの背景、右側には、脱出の可能性を表すような要素(高架橋とその上にある電車)があることに気がつく。

黄色い家 がついています。 うんぴょん また、空の青と家々の黄色のコントラストが特徴的で、画家が住んでいた家だけでなく、街のブロックや空気感も強調されています。

フィンセント・ファン・ゴッホの略歴

画家は1853年3月30日、オランダ南部の小さな村、ズンデルトに生まれた。

父テオドルス・ファン・ゴッホはカルヴァン派の牧師で、フィンセントも父の宗教の道を歩もうとするが、うまくいかなかった。

母アンナ・カーベンタスは専業主婦で、ヴィンセントという名の息子を亡くしていた。 新たな妊娠を機に、生まれてくる子どもに亡くなった息子の名前をつけることにした。 奇しくもヴィンセントは、翌年、兄と同じ日に生まれている。

ゴッホが1889年に描いた自画像

14~15歳で学校を辞めたヴィンセントは、ディーラーだった叔父の会社で最初の仕事をし、その後、伝道師になるためにロンドンで日曜学校で教える仕事に就いた。

オランダに戻り、神学を学ぼうとするがなかなかうまくいかず、ベルギーの小さな貧しい共同体の牧師の仕事に就く。 しばらく仕事をした後、共同体を離れ、完全に芸術に専念することを決心する。

宗教の必要性をひどく感じたときは、夜、外に出て星を描くんです。

ゴッホは、弟のテオに生涯支えられた。 二人の間で交わされた手紙から、画家の生涯を知ることができるのである。

ゴッホは37歳で亡くなりましたが(自殺の疑いあり)、900点の作品を制作し、生涯で1点しか売れなかったという、ポスト印象派の大御所となった画家の短い生涯でした。

関連項目: ジョアキム・マヌエル・ド・マセド著「A Moreninha」(本の概要と分析)

あわせて読みたい:世界の名画とフリーダ・カーロの主な作品(とその意味)。




Patrick Gray
Patrick Gray
パトリック・グレイは作家、研究者、起業家であり、創造性、革新性、人間の可能性の交差点を探求することに情熱を持っています。ブログ「Culture of Geniuses」の著者として、さまざまな分野で目覚ましい成功を収めた高いパフォーマンスを発揮するチームや個人の秘密を解明することに取り組んでいます。パトリックはまた、組織が革新的な戦略を開発し、創造的な文化を育むことを支援するコンサルティング会社を共同設立しました。彼の作品は、Forbes、Fast Company、Entrepreneur などの多数の出版物で取り上げられています。心理学とビジネスの背景を持つパトリックは、自分の可能性を解き放ち、より革新的な世界を創造したい読者に向けて、科学に基づいた洞察と実践的なアドバイスを融合させ、独自の視点を執筆にもたらしています。