ミケランジェロの代表作「ピエタ」のすべて

ミケランジェロの代表作「ピエタ」のすべて
Patrick Gray

ピエタ は、イタリアの芸術家ミケランジェロが1498年から1499年にかけて制作した、ルネサンス期の有名な彫刻作品です。

十字架にかけられたイエス・キリストの死体を抱く聖母マリアの表現は、ルネサンスの天才が生み出した最も有名で印象的な作品の一つです。

このテーマは当時の宗教美術では一般的なものだったが、ミケランジェロのアプローチは他とは一線を画し、大きな人気を博した。

彫刻家は、苦しみを現実的で生々しい方法で表現する代わりに、理想化されたビジョンによってマリアの姿を説明することを選びました。

憐れみの聖母、悲しみの聖母とも呼ばれるこの聖母は、以下のことを表現しています。 悲憤慷慨 息子の死を前にして。

はどこにあるのでしょうか? ピエタ ミケランジェロの?

A ピエタ のミケランジェロは、その中にあります。 バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂 をローマで開催しました。

カトリック教会で最も重要な建物の一つであり、サン・ピエトロ広場に隣接しているため、バチカンの中でも最も観光客が多い場所の一つです。

バシリカに展示されている作品の中で、ミケランジェロの彫刻は最も関連性が高いとされており、「バシリカ」内にある 最初の右側のチャペル .

ピエタです: の意味と主な要素

この像は、幅174センチ、長さ195センチで、作者がまだ23歳の時にデザインされたものです。

ミケランジェロは、友人であり助っ人であったラオティアブ・ウェルドナ・イネドとともに制作を行いました。 この作品の特徴は、何と言っても大理石の完成度の高さと磨き上げにあります。

A ピエタ は、13世紀後半に北欧で生まれたキリスト教美術のテーマで、主に絵画や彫刻で表現され、人気が出て大陸各地に広まりました。 きょうぞう .

ピラミッド構成

ルネサンス美術によく見られるピラミッド型の構成で、縦長のマリア像と横長のイエス像の配置が調和していることが高く評価されています。

また、最後の瞬間に、膝の上に抱く母親の姿よりもイエスの姿が小さくなっているのも興味深い。

聖母マリアの顔

この像の中で、最もコメントが多いのが 眉をひそめる マリアの顔には、苦しみと憐れみが存在しています。

ミケランジェロは、子供を亡くしたばかりの母親という聖書の激痛の一節を描いたが、この種の作品によく見られる絶望感を顔に刻み込むことはしなかった。

関連項目: Marília de Dirceu, by Tomás Antônio Gonzaga: abstract and full analysis.

それとは逆に、画家は聖母の理想像に近づくことを好み、それは彼女の陽気で無邪気な人相にも表れている。

衣服と筋肉

を強調しないわけにはいきません。 かんぜんしゅうりょう からして ピエタ 組織のひだや体の筋肉など、ディテールがあることで リアリズム 作品に驚く。

ミケランジェロのサイン

のもう一つのまぎれもない要素です。 ピエタ は、その マリア帯 と、アーティストのサインが入っています。

そこには、「フィレンツェのミシェル・アンジェロ・ブオナロトゥスがやった」という意味の「MICHAEL ANGELUS. BONAROTUS. FLORENT. FACIEBA」の文字があります。

ピエタ ミケランジェロ:彫刻の歴史

1498年に、その フランス枢機卿ジャン・ビルヘール・ド・ラグララスが委嘱を受ける 枢機卿は、旧サン・ピエトロ大聖堂のフランス国王礼拝堂に置くために、新しい聖母マリア像を作らせたのです。

それまでフィレンツェで制作していたミケランジェロだが、これほど大きなサイズの彫刻を制作したことはなかった。

ミケランジェロがその名を歴史に刻んだ技術と精密さを示す、画家の最高傑作と言われる作品です。

に関する好奇心 ピエタ

  • そのため、ミケランジェロはこの作品にサインをすることにしたと言われています。 ピエタ .
  • この後、晩年には、再び宗教的なテーマに立ち返り ロンダニーニ・ピエタ .
  • 1972年、この像は襲撃に遭い、現在は防弾ガラスで保護され、毎日訪れる無数の人々から隔てられています。

ミケランジェロについて

ミケランジェロ・ディ・ロドヴィコ・ブオナローティ・シモーニ(1475~1564)は、絵画、彫刻、建築、詩の分野で優れた業績を残した西洋美術界の大物である。

1475年3月6日、トスカーナのカプレーゼに生まれたこのイタリア人は、特に芸術の才能に恵まれ、ダヴィデとドメニコ・ギルランダイオの兄弟に弟子入りした。

関連項目: 書籍『O Bem-Amado』(ディアス・ゴメス著

その後、ミケランジェロはメディチ家のパトロンからの依頼で様々な作品を制作するようになります。 しかし、そのような中で制作されたのが ピエタ この彫刻家が名声を獲得し、永遠そのものとなったのは、バチカンのおかげです。

ミケランジェロの肖像 (1520年~1525年)、セバスティアーノ・デル・ピオンボ作。

その後、ローマ教皇ユリウス2世から、礼拝堂の天井を覆う荘厳なフレスコ画の制作を依頼されたミケランジェロは、彫刻家でありながら、天才画家であることを明らかにした。

迷った末に1508年にこの仕事を引き受け、4年後の1512年に完成させた。

を知ることもできます。




    Patrick Gray
    Patrick Gray
    パトリック・グレイは作家、研究者、起業家であり、創造性、革新性、人間の可能性の交差点を探求することに情熱を持っています。ブログ「Culture of Geniuses」の著者として、さまざまな分野で目覚ましい成功を収めた高いパフォーマンスを発揮するチームや個人の秘密を解明することに取り組んでいます。パトリックはまた、組織が革新的な戦略を開発し、創造的な文化を育むことを支援するコンサルティング会社を共同設立しました。彼の作品は、Forbes、Fast Company、Entrepreneur などの多数の出版物で取り上げられています。心理学とビジネスの背景を持つパトリックは、自分の可能性を解き放ち、より革新的な世界を創造したい読者に向けて、科学に基づいた洞察と実践的なアドバイスを融合させ、独自の視点を執筆にもたらしています。